コンセプト
【リノベ45-リノベヨンゴー】 茶山台団地の新しいリノベーション大阪府住宅供給公社 > コンセプト
リノベ45とは

45㎡の広すぎるワンルームでのびのび暮らしたい

イメージ
断面図

従来の団地は、壁で仕切られて個室がいくつかある3DKが一般的。
ライフスタイルが多様化する現在において、45㎡の一室を限りなく有効に活用していただくために、部屋内に区切る壁については極力排除した設計になっています。
あらかじめ設置している2枚の「パーテーション」とご入居様の家具で部屋のレイアウトを自由に変えることができます。
また若い世代の方にニーズの高い水廻りなどの設備は充実したものとなっています。

住まい手の個性や成長・変化に対応できるワンルーム空間

ご入居様のこだわりを『パーテーション』やお手持ちの家具で自由にコーディネートしていただけます。

DIYで住まいながらあなた好みにカスタマイズもしていただけます。
ペイント、棚の取り付けなど盛りだくさんのDIYメニューが実現可能です。

こだわりの水まわり設備や仕上げ

※現在、施工途中のため実物のものとは多少異なりますので、予めご了承ください。

キッチン・浴室・洗面所などの水まわりは使い勝手の良い設備に一新しました。

キッチンは幅約2mのひろびろとしたシステムキッチンを新しく設置しました。
使いやすいビルトインの3口コンロで調理もらくらく!
窓に面して配置しているので、外の景色や緑を眺めながら快適に家事をしていただけます。

コンロ

コンロ

シンク

シンク

レンジフード

レンジフード

浴室は清潔感のあるユニットバスを設置!

結露の防止、カビ・ダニの発生を抑えるために新たに「24時間換気」にしています。

ユニットバス

ユニットバス

洗面台・トイレ

洗面台は従来のものを撤去し、洗練されたシンプルなボウル式の洗面台にしました。
配置もバスルームの隣にし、使いやすく!

洗面器

洗面器

手洗水栓

手洗水栓

トイレ

トイレ

床材、他

仕上げは、木目が美しい「白樺」の仕上げ材を床や簡易な間仕切り壁、棚材などに使っています。
柔らかい質感が特徴的で、部屋全体明るくてシンプルな空間です。

その他にも、天井ダクトレールを配置しているので、自由な位置にお好みの照明器具やLEDスポット照明の取り付けるなど、ご入居様によるおしゃれな演出が可能です。

リアルにどうなる
リアルにどうなる リアルにどうなる
こんな世帯におすすめ
こんな世帯におすすめ

自分のライフスタイルに合った間取りで
住みたい
こだわりの家具をレイアウトしたい

自分が住む部屋のインテリアはこだわりを入れて配置したい方や、夫婦でお互いのライフプランを確認し合いながら部屋のレイアウトをしたい方、常に子供の行動を見ながら子育てしたい方におすすめです。

フォトギャラリー
建築家の思い


建築家 天藤 公夫氏インタビュー

建築家

自分らしいこだわりを実現できるワンルームリノベーション

住まい手のライフスタイルや好みに対応できるワンルーム空間を意識し、DIYやアレンジに積極的にチャレンジできるように、あえて作り込み過ぎないシンプルな設計。
防音対策・暑さ寒さに対応するために断熱材も整い、 機能面でも配慮しました。

今回、ケイ・エス工業株式会社とアトリエ天藤株式会社が共同で、設計・提案した作品は、「大阪府住宅供給公社茶山台団地住戸改善事業 設計・施工業務」の公募型プロポーザル提案協議において、 B業務(1住戸リノベーション)の最優秀作品として選定されました。

今回リノベーションするにあたって間取りやコンセプトについて教えてください。

住まい手が “自分らしいこだわりを実現できるワンルームリノベーション”としました。

本来、日本の住空間はふすまや障子などによって空間が仕切られていました。
これらの間仕切りは住まい手の成長などにより生活機能が変化しても、臨機応変に空間の配置やサイズなどが対応できるようになっていました。

しかし、従来の団地の間取りは固定の「壁」で部屋を区切っていることが多いので豊かさに欠けるように思います。

なので、今回の「リノベ45」では、もともと3DKであった間取りを思い切って広いワンルームにしました。

ワンルームと言ってもカスタム自由なワンルーム。
住まい手自身が手を加えることで自分の暮らしをつくりあげてほしいですね。

この広いワンルーム空間では、どういった生活が可能ですか?

2枚の『パーテーション』を入居前にお好きな場所にレイアウトできるようにしました。(※現在は対応しておりません。)
部屋の大きさ、形は、住まい手それぞれのご要望があるはず。

DIYやアレンジに積極的にチャレンジできるように、あえて作り込み過ぎないシンプルな計画としました。入居以降もぜひ自分たちにあった空間をつくりあげていってほしいです。

その他こだわったことを教えてください。

素材や仕上げにもこだわりました。
木目が美しい「白樺」を『パーテーション』やフローリング、棚板に使いました。
柔らかい質感が特徴的なので、温かみのある明るい空間となります。

その他、防音対策のために床を二重床にしたり、暑さ寒さに対応するために断熱材を施したり機能面にも配慮しました。
育ちざかりのお子様がいる家庭でも安心して暮らしていただけます。

どんな方に住んでもらいたいですか?

積極的に住まいのカスタマイズしたい方に楽しんで住んで頂きたいですね。
いろんな世帯の方に住んで頂けるように柔軟なプランにしましたので、広さを最大限に生かして
自分たちにあった空間をつくり上げていってほしいです。

最後に、団地環境やこれからのリノベーションについてご意見をお聞かせください。

泉北ニュータウンに住んでいたこともあり、茶山台団地には馴染みがあります。
茶山台団地の外部空間は緑が豊かで、子供たちの遊び場は山あり谷ありの変化に富んだ空間となっています。四季の移ろいを感じたり、時には心を休めたりとのびのびと過ごせるところが魅力的ですね。
こういった魅力に、今まで画一的であった団地の住空間を自分らしいこだわりが実現できる住宅へとリノベーションして、若い世代の方にも「住んでよかった」と思っていただけるような愛着の持てる住宅・団地を目指しました。

今回に限らずこれからのリノベーションは、住まい手のライフスタイルや好みに対応できるワンルーム空間を基本に取り入れていくべきだと思います。

建築家

建築家 天藤 公夫氏 プロフィール

テンドウ キミオ
株式会社アトリエ天藤1級建築士事務所代表/建築家
1981年 アトリエ天藤1級建築士事務所設立。
自然素材をできる限り使い、生活の変化に対応しうるシンプルでフレキシブルな空間、美しい周辺の環境を壊さない、景観にマッチした建築の提案に携わっています。
http://blog.goo.ne.jp/at-ten88

先頭へ戻る