BLOG

住み手の個性や成長・変化に合うワンルーム空間

CREATOR’S VOICE

建築家 天藤 公夫氏インタビュー

建築家
自分らしいこだわりを実現できるワンルームリノベーション

住まい手のライフスタイルや好みに対応できるワンルーム空間を意識し、DIYやアレンジに積極的にチャレンジできるように、あえて作り込み過ぎないシンプルな設計。
防音対策・暑さ寒さに対応するために断熱材も整い、 機能面でも配慮しました。

今回、ケイ・エス工業株式会社とアトリエ天藤株式会社が共同で、設計・提案した作品は、「大阪府住宅供給公社茶山台団地住戸改善事業 設計・施工業務」の公募型プロポーザル提案協議において、B業務(1住戸リノベーション)の最優秀作品として選定されました。

今回リノベーションするにあたって間取りやコンセプトについて教えてください。

住まい手が “自分らしいこだわりを実現できるワンルームリノベーション”としました。

本来、日本の住空間はふすまや障子などによって空間が仕切られていました。
これらの間仕切りは住まい手の成長などにより生活機能が変化しても、臨機応変に空間の配置やサイズなどが対応できるようになっていました。

しかし、従来の団地の間取りは固定の「壁」で部屋を区切っていることが多いので豊かさに欠けるように思います。

なので、今回の「リノベ45」では、もともと3DKであった間取りを思い切って広いワンルームにしました。

ワンルームと言ってもカスタム自由なワンルーム。
住まい手自身が手を加えることで自分の暮らしをつくりあげてほしいですね。

この広いワンルーム空間では、どういった生活が可能ですか?

2枚の『パーテーション』を入居前にお好きな場所にレイアウトできるようにしました。(※現在は対応しておりません。)
部屋の大きさ、形は、住まい手それぞれのご要望があるはず。

DIYやアレンジに積極的にチャレンジできるように、あえて作り込み過ぎないシンプルな計画としました。入居以降もぜひ自分たちにあった空間をつくりあげていってほしいです。

その他こだわったことを教えてください。

素材や仕上げにもこだわりました。
木目が美しい「白樺」を『パーテーション』やフローリング、棚板に使いました。
柔らかい質感が特徴的なので、温かみのある明るい空間となります。

その他、防音対策のために床を二重床にしたり、暑さ寒さに対応するために断熱材を施したり機能面にも配慮しました。
育ちざかりのお子様がいる家庭でも安心して暮らしていただけます。

どんな方に住んでもらいたいですか?

積極的に住まいのカスタマイズしたい方に楽しんで住んで頂きたいですね。
いろんな世帯の方に住んで頂けるように柔軟なプランにしましたので、広さを最大限に生かして
自分たちにあった空間をつくり上げていってほしいです。

最後に、団地環境やこれからのリノベーションについてご意見をお聞かせください。

泉北ニュータウンに住んでいたこともあり、茶山台団地には馴染みがあります。
茶山台団地の外部空間は緑が豊かで、子供たちの遊び場は山あり谷ありの変化に富んだ空間となっています。四季の移ろいを感じたり、時には心を休めたりとのびのびと過ごせるところが魅力的ですね。
こういった魅力に、今まで画一的であった団地の住空間を自分らしいこだわりが実現できる住宅へとリノベーションして、若い世代の方にも「住んでよかった」と思っていただけるような愛着の持てる住宅・団地を目指しました。

今回に限らずこれからのリノベーションは、住まい手のライフスタイルや好みに対応できるワンルーム空間を基本に取り入れていくべきだと思います。

建築家
建築家 天藤 公夫氏 プロフィール

テンドウ キミオ
株式会社アトリエ天藤1級建築士事務所代表/建築家
1981年 アトリエ天藤1級建築士事務所設立。
自然素材をできる限り使い、生活の変化に対応しうるシンプルでフレキシブルな空間、美しい周辺の環境を壊さない、景観にマッチした建築の提案に携わっています。
http://blog.goo.ne.jp/at-ten88